【書籍紹介】文章は接続詞で決まる

「しかし」、「また」などの接続詞に特化した文章読本です。
接続詞の意義の解説から始まり、接続詞を機能別に分類し、それぞれの使い方を豊富な例文とともに紹介しています。

一般向けの本ですが、様々な接続詞の使い方、また類似の接続詞(「そして」と「それから」など)の意味の違いが詳しく解説されているので、この本にに書いてある内容は作文授業での接続詞の指導への応用も可能だと思います。

書き言葉の接続詞だけでなく「話し言葉の接続詞」という章もあり、この章では「接続詞の『話の流れを管理する』という性質が会話に与える悪影響」というものも紹介されています。
この章の内容は、会話授業での指導にも応用できるでしょう。

最後に索引も付いているので、接続詞辞典としての活用もできます。kindle版にも索引が付いています。

接続詞についての知識を深めたい人におすすめの本です。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です