「訛っていない」と思っていても、日本語教師は自分の発音を確認してみたほうがいいと思います

先日、録音した私と学習者の会話を聞いていた時に、あることに気がつきました。
「自分の『なにをしますか』の『なにを』と『どうして~ますか』の『どうして』のアクセントがおかしくなることがある」ということです。

標準語(東京方言)では「なにを」は「な」にアクセントの格がある頭高型のアクセントになり、「どうして」も「ど」にアクセントの核がある頭高型のアクセントになります。

しかし、私は時々「なにを」と「どうして」を一番目の音(「な」と「ど」)が低く、二番目の音(「に」と「う」)が高くなり、アクセントの核がない平板型で話していることがありました。
四国出身の先生にその発音を聞いてもらったところ、「関西みたいな訛りですね」と言われました。

私の出身地は東京ではなく中部地方ですが、自分の出身地の方言と標準語の切り替えができるつもりでいました。しかし、頻繁に使う「なに」や「どうして」という言葉でさえも訛ってしまうということが分かりました。

東京方言以外の方言の存在を否定しているわけではありません。しかし、私に求められているのは「現在の日本の標準語で日本語を教えること」です。特に発音を重点的に教えたい場合は、自分が標準語の発音ができなければ、手本を聞かせることができません。

「何を当然のことを」と思われるかもしれませんが、標準語(東京方言)を話す地域以外の出身の日本語教師の方は、今一度、自分の発音を確認してみたほうがいいかもしれません。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です