日本語教育関係の専攻を修了していなければ、大学で働くことができなくなるかもしれません

職場の会議で聞いたことですが、大学内のそれぞれの科を存続するためには、各科の教育内容に関係する専門の修士号を持つタイ人が最低5人必要だそうです。
詳しいことは分かりませんが、「大学ではある程度の専門教育を受けた教職員が一定数必要」ということなのでしょう。

よく考えれば当然のことですが、今まであまり厳しくなかったそうです。
ここまではタイ人の問題ですが、「いずれ外国人にもある程度の専門性が求められるようになるかもしれない」という話も聞きました。

残念ながら私が所持しているの工学の学士号なので、タイの大学で働けなくなる可能性があります。
まだタイで日本語教育に関わっていきたいと考えていますが、どうすれば日本語教師として働き続けられるかを考える必要がありそうです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です