【ラーメン屋】バンコクのラーメン屋「FUJIYAMA GO GO」に行ってきました

先月(5月)、バンコクの日本国大使館に用があったので、バンコクに行ってきました。その時に立ち寄った「FUJIYAMA GO GO」というラーメン屋について紹介します。

お店の場所ですが、まずBTS「プロンポン駅(สถานีพร้อมพงษ์)」の北側の出口を出ます。そして、BTSの線路を右手にして少し行くと、スクンビットソイ39への曲がり角が見えます。
ソイ39への曲がり角

ソイ39に入って10分くらい歩くと、右手に「FUJIYAMA GO GO」の看板が見えてきます。
FUJIYAMA GO GOの看板

お店の前です。
FUJIYAMA GO GOの前

「濃厚つけ麺」、「まぜそば(油そば)」などの日本でもお馴染みのメニューから、マナオ(レモンのような柑橘類)の絞り汁をかけて食べる「魚介つけ麺」や、岩海苔や干しエビが入った「海老つけ麺」などの少し変わったメニューもありました。
変わったメニューも面白そうでしたが、普通のつけ麺が恋しかったので、「濃厚つけ麺」と「餃子」を注文しました。
濃厚つけ麺と餃子

肝心の味ですが、とても美味しいです。麺にはコシがあって、出汁の味がしっかりする濃厚なスープに良く合います。まさに「日本のつけ麺」の味です。餃子も正統派の焼き餃子の味です。
これだけでも十分満足できるものでしたが、せっかく来たので「チーズリゾットセット」を注文してみました。
チーズリゾット セット

正直、「つけ麺のスープにチーズが本当に会うのか?」と思い、注文したことを後悔しかけていましたが、とりあえず作ってみることにしました。
このお店は個別のIHヒーターがあるので、アツアツのリゾットを作ることができます。
チーズリゾット セット(加熱中)

完成したチーズリゾットですが、見た目は濃い茶色の雑炊です。
恐る恐る食べてみましたが、良い意味で予想を裏切られました。これも美味しかったです。チーズの味と香りが感じられて、確かに「チーズリゾット」でした。雑炊だと思って食べると、見た目と味のギャップにびっくりするかもしれません。
完成したチーズリゾット

最後にお値段ですが、濃厚つけ麺(200B)、餃子(85B)、チーズリゾットセット(60B)を全部合わせて、345Bでした。タイでは30Bから40Bくらい出せば食事ができるので、決して安くありません。
しかし、タイでなかなか美味しいつけ麺は食べられないので、高いお金を払っても食べる価値が(少なくとも私にとっては)あると思います。
最近、コンケン(ขอนแก่น)にもお店ができたらしいので、今度はそちらへ行ってみようと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です