【書籍紹介】日本語の発音教室―理論と練習

発音の授業を担当していた時に、参考にした本です。

日本語の発音についての理論的な解説が多いので、日本語の発音の特徴を体系的に学ぶことができます。ただ学習者にリピートさせるだけではなく、発音の理論も含めて教えたい教師にとっては、とても参考になる本だと思います。

日本語で使用する音と外国語で使用する音が異なる以上、学習者は、日本語を聞いただけでその発音を真似をすることは困難です。
発声時の口や舌の形、高低アクセントなどの理論を知ることで、よりネイティブスピーカーに近い発音ができるようになると思っています。

主観的な印象ですが、発音を練習する際に理論も多少教えるようにしてから、明らかに間違った発音をする学習者の割合が減ったように感じました。

また、この本は、日本語の発音を学問として学びたい人や日本語教育能力検定試験に向けて勉強している人にもおすすめです。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です