Kindle Unlimitedは、海外在住の日本人にとってうれしいサービス

8月3日から始まったKindle Unlimitedの日本版を早速使ってみました。Kindle Unlimitedとは、一言で説明すると定額の電子図書館のようなものです。

月額980円で、洋書120万冊、和書12万冊(雑誌、コミックスも含む)が読み放題となります。ただし、一度に利用できる冊数は10冊までなので、新しい本を読みたい時は、古い本と入れ替えなければなりません。一度に利用できる冊数は決まっていますが、利用できる期間は、今のところ無期限です。

利用できる本の冊数が制限されているところが、「図書館のようなもの」と書いた理由です。

さて、記事のタイトルに「海外在住の日本人にとってうれしいサービス」と書きましたが、これは、日本語の本がなかなか手に入らない場所に住んでいる人でしたらすぐに共感してもらえるのではないでしょうか。

以前も書きましたが、私が住んでいる地域には、日本で出版された書籍を扱っている書店が全くありません。もし買いたければ、バンコクの紀伊国屋へ行くか、通信販売を利用するか、そして、電子書籍を購入するかしかありませんでした。

電子書籍でも本を読むことはできますが、セール品を除いて、紙の本とあまり値段が変わりません。そのため、物価が安い国に住んでいる場合、好きなだけ本を買うということは金銭的に難しいです。

しかし、Kindle Unlimitedは月額980円になっているので、本をよく読む人であれば、充分に元が取れるのではないかと思います。

ただし、Kindle UnlimitedはKindleで扱っている全ての本が対象になっているわけではありません。シリーズ物の小説や漫画は、途中までしか読めない場合も少なくありませんし、自分が探している著者の本が一冊もない、ということもあります。

30日間は無料で利用できるので、その間にラインナップを見て、利用を継続するかどうか考えたほうがいいと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です