カウニャオマムゥワン(餅米とマンゴーを使ったお菓子)を食べてみました

【餅米とマンゴーを使ったお菓子】カウニャオマムゥワン(ข้าวเหนียวมะม่วง)

紹介と感想

黄色いマンゴーと餅米を使ったお菓子です。
カウニャオマムゥワン(ข้าวเหนียวมะม่วง)のカウニャオ(ข้าวเหนียว)は「餅米」、マムゥワン(มะม่วง)は「マンゴー」という意味です。

マンゴーは切っただけですが、餅米は炊いた後にココナッツミルクと混ぜあわされ、さらに塩と砂糖とココナッツミルクで作ったソースがかけられています。
写真の黄色い粒は、トゥアトーング(ถั่วทอง)という豆の一種です。

餅米はココナッツミルクの風味と砂糖の甘味、そして塩のしょっぱさも感じられます。
非常に甘いので、食べ続けていると口の中が甘ったるくなってきますが、そこでマンゴーを食べると、マンゴーの甘酸っぱさで口直しをすることができます。

餅米、砂糖、ココナッツミルク、マンゴーとカロリーの高い食材ばかり使っているので、食べ過ぎには注意をしたほうがいいかもしれません。

価格や購入場所

名前:カウニャオマムゥワン[タイ語:ข้าวเหนียวมะม่วง]
食べられる場所:屋台、市場、デパートなど
価格:40バーツ程度

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です