コームゥヤーング(豚の首の肉を焼いた料理)を食べてみました

【豚の首の肉を焼いた料理】コームゥヤーング(คอหมูย่าง)

紹介と感想

豚の首の肉を焼いた料理です。
コームゥヤーング(คอหมูย่าง)のコー(คอ)は「首」、ムゥ(หมู)は「豚」、ヤーング(ย่าง)は「焼く」という意味です。

首の肉なので、豚トロと同じような味がします。ナームチムジェーウ(น้ําจิ้มแจ่ว)という、辛くて酸味のあるたれも付いていますが、最初から塩味がついているので、そのままでも食べられます。

さっぱりとした塩味が好きな方はそのままで、辛味などのアクセントを加えたい方はナームチムジェーウ(น้ําจิ้มแจ่ว)をつけて食べればいいと思います。

ただし、ナームチムジェーウ(น้ําจิ้มแจ่ว)は日本人にとっては、非常に辛いはずなので、最初は少しだけつけて試してみたほうがいいと思います。

価格や購入場所

購入できる場所:屋台、市場など
価格:30バーツ程度

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です