【書籍紹介】日本語教師の7つ道具シリーズ 作文授業の作り方編

日本語教師向けの、作文授業の仕方について書かれた本です。
作文指導を行う目的から始まり、作文授業のカリキュラム例や、授業中に教師が行うべきことのポイントについて解説されています。

私にとって特に勉強になったのが、Ⅲ章の「書く前に」という部分です。
内容は「学習者が作文を書きやすくするために、作文を書く前に行うこと」についてです。
例えば、何を書けばよいか分からない学習者への動機付けの方法、作文に必要な単語や構成の仕方が分からない学習者への指導方法、などが書かれています。

作文というと、作文のテーマや評価方法、添削の仕方という部分だけを重要視しがちかもしれませんが、作文を書く前の作業も同じく重要だと思います。
書く前の作業を行うことで、書くことが苦手な学習者でも作文を書けるようになるからです。

この本を読む以前に「いきなりテーマを与えて書かせるだけの授業」をしたことがあったので、「書く前に」の内容は授業の改善に役立ちました。

作文の授業を初めて行う人や、初めてでなくても作文の授業の進め方に悩んでいる人(私もです)におすすめです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です